講師写真.png

空手クラス

​空手エクササイズクラス

Ayuko Kaji

       Love Karate      

     Love Muscles     

     Love Children     

     Love Beauty     

5歳の頃から空手を始めました。最初から大好きだったわけでなく、怖かったし、甘えられないし、泣きながら男の子と試合しているようなこどもでした。相手の子は可哀想だったと思います。笑 そんな私ですが、空手はずっと続けてきました。

今まで空手以外のことでも何度か挫折を味わったことがあります。そのとき私の支えとなってくれたのは、「空手」でした。

今では空手は、ライフワークであり、心と体を繋げてくれるかけがえのないものになりました。

よく泣いていたこどものときに、「空手の先生になる」と決めた夢が揺らいだことはありません。

どうしてか理由もわかりませんが、いまでも空手が大好きです。空手に感謝する気持ちを道場で皆様にお返ししたいです。

空手が大好きな空手少女に成長し、何度か賞はもらったものの、まだまだ満足にはほど遠く、スポーツ推薦で大学に入学。もっと極めたい一心で、大学院に入学し、筋肉の研究をしました。

自らの意識で、筋肉を動かす。形の練習は全力で力を発揮します。形の練習が終わるとカラダが喜んでいるという感覚がして私はとても幸せを感じます。

元気でいるためにも、美しくいるためにも、人間にとって筋肉はとても大事なもの。

頑張った分だけ、必ず筋肉は返してくれる。

筋肉は、裏切りません!!笑

中学生の頃から、道場で自分より小さな子へ教えるという経験をさせていただいてました。

こどもたちは、とてもまっすぐで、こちらが真剣であれば、真剣に返してくれる。こどもたちといると、大切なことを教わります。

こどもたちにとって、意味のある大人として関わりたい、

その子の得意なところを見つけ、一緒に育てていきたい、そんな風に思います。

元気に強く優しく楽しく生きていけるように。

私も一緒に成長していきたいです。

子供たちの、一の力にならせてもらえたら幸せです。

 

このような想いで、小さな頃からの夢だった寺小屋のような『学び舎 ひょうたん』を創りました。

実は、空手をやめていた時期が1年あります、色々なことが重なり、その時体重が16Kg太りました。鏡を見るのも、外を歩くのも嫌なぐらい、気持ちが暗くなりました。下を向いてマスクをして歩いていました。そんな時、お世話になっていた教授が、一緒に痩せよう!と、私を痩せて元気にするために、背中を押し続けてくれました。きっと、私一人ではどうする事も出来ませんでした。

一人で何かを始めたり、続けたりする事は本当に難しいことです。

私も、ご縁があって出会った方の、美と元気のお手伝いがしたいなと心から思っております。